九州片田舎でホームエデュケーション★あここママ日誌

息子は小3のはじめ、担任との出来事をきっかけに不登校に。そして学校教育という枠の中で学ぶことが合わないと自らホームエデュケーション選択しました。ホームエデュケーションの日々、感じたこと、その他綴ってます。

2019の目標と子ども達へのメッセージ

f:id:asoiyashi:20190108160258j:plain新しい年になり、恒例の書初めをしました。毎年、この時にその年の目標設定をします。今年はいのしし、やはり テーマは 猪突猛進のごとく 突き進め! でしょう。

 もちろん、ぼちぼち、でいいのですが、かなりのんびり屋の私にとっては突き進むぐらいがちょうどいい。

 

息子は九州片田舎で不登校になり、只今ホームエデュケーションを選択中。
ホームエデュケーションママあここです。

 

さて、わたくし、あここママの目標は。

f:id:asoiyashi:20190108160427j:plain

 

境界線をもって自分を楽しむ!!

 

4月から本拠地に帰ります。

 

そこでの生活は家業があり、敷地内に住む親族もいて、
以前は周囲が気になって自分らしく生きれずにいました。

 

周囲から何を言われるか、など気にしない、遠慮をしない、
自分のやるべきこと、やりたいことを思いっきり楽しみたい、
と思ってます。

 

息子が最初に不登校になった時、色々と周囲からの圧力がありました。

 

九州とある片田舎にて、珍しい旋風を巻き起こしたかのごとく、
私への風当たりは相当強かったです。

 

周囲の人々は、きっと、自分達と同じ世界に戻って来い来い、と
必死で私達親子を引き戻そうとしていたのかもしれません。

 

あまりの辛さにうつ、解離性障害のような症状にもなりました。

 

しかし、息子を守っていくためには母である私がブレていてはいけないのだと、

 

次々と起こる出来事をもって悟らされたのでした。

 

これまで私がやってきた、周囲に合わせる調和ではだめ

 

周囲とはピシッと境界線を引いた上で、私は私、と自信を持って子育てしていくこと

 

息子のような子どもを育てる親として大切だと気づいたのでした。

  

そして、ホームエデュケーション息子にはこの言葉を。

 

自分を極めよ!!  

f:id:asoiyashi:20190108193042j:plain

このひとことに尽きます。

 

枠がなく、好きなことをして生きていくことは決して楽なことではないのです。

 

本人はそのことを十分に知っています。

 

自分と向き合い、自分を乗りこなすしかないのだ。

 

そして、その妹である、息子とは対照的な娘には。 

 

ありのままでいいよ

f:id:asoiyashi:20190108193047j:plain

まだ5歳ですが、頑張りすぎるくらい頑張ります。

 

楽しくやっているように見えるけれど、

 

結構我慢をして、ストレスになっているんだよね。

 

特に、じじばばと暮らしていて、兄ちゃんの困ったところ、を言われたりして、

 

自分は頑張らなきゃ、と思っているようです。

 

そうでなくて、ありのままでいいんだよ、と。

 

楽しい最高の2019年にしよう。