九州片田舎でホームエデュケーション★あここママ日誌

息子は小3のはじめ、担任との出来事をきっかけに不登校に。そして学校教育という枠の中で学ぶことが合わないと自らホームエデュケーション選択しました。ホームエデュケーションの日々、感じたこと、その他綴ってます。

君の未来はまだ決まってないということ

f:id:asoiyashi:20181005235101j:plain

 息子は私が色々言うと、「ママが僕の未来をつぶす!」と怒りだすことがありました。 

 息子は九州片田舎で不登校になり、只今ホームエデュケーションを選択中。
ホームエデュケーションママあここです。

 

 いやいや、全くつぶそうなんて思っていないんだけど。。。

 

時々、母親としてちょっと先々のことを見据えて自分の枠の中で

 

心配してついつい口出ししてしまう私もいる。

 

夏休み中、子どもと観たなつかしい映画。

 

バックトゥザフューチャー3部作。

 

私が始めて観たのは中学生の時。

 

久しぶりに観たくなったのと、

 

タイムトラベル きっと息子の感性にビビッとくるかな、と思いamazonで購入、今や1000円。

f:id:asoiyashi:20180921201253j:image

 

やはり、燃料がプルトニウムデロリアンのタイムマシン、

タイムトラベル。。。

 

思った通り、息子の感性にビビッときた。

 

「これが30年以上前の映画とは思えないね!よくできてる!」と感激していた。

 

やはり、パート1が一番反応よかった。

 

パート2は子ども達も反応イマイチだったけど、ここにでてくる2015年という未来は1980年代に描かれた未来なんだなぁと。

 

スマートフォンも薄型テレビも電気自動車もないけれど、車はすでに空を飛んでいるし、衣装も街並みや生活もコテコテと派手だ。

 

本当の未来(現在)はもうちょっとスマートでシンプルだったかも。

 

やはり、クリストファーロイド演じるドク(エメットブラウン博士)は子ども達に大人気。 

f:id:asoiyashi:20180926154632j:plain

 この目をギョロギョロッとさせたキャラがいいですね。

 

昔、私も大好きでした。このギョロ目を真似したりして。

 

そして、このドクのパート3での名言、

 

字幕とちょっと違いますが、吹き替え版のセリフの方が印象的でした。

 

君の未来はまだ決まっていないということ。

 

未来は自分で切り開くものなんだ。

 

だから頑張るんだ。 

 

f:id:asoiyashi:20180921201320j:image

f:id:asoiyashi:20180921201330j:image
f:id:asoiyashi:20180921201343j:image

きっとこの言葉がこの映画のテーマなのかな。

 

いつも誰かが未来をつぶすと心配していた息子、ここにビビッ!!ときて感動していた。

 

ドクの言葉に安心したようだ。

 

そう、

 

君の未来は誰にもつぶされることはないんだよ。

 

まだ まっさら なんだから。

 

だから自信を持って安心して

 

自分の道を進みたまえ。